Tシャツをカスタマイズしよう

無地のTシャツは、とても使いまわしは良いですが、パンチにかけます。個性的に着たいと思っても、どのように着ればよいのか分かりません。
安い無地のTシャツを個性的にするために使用するのはハサミ1本です。
Tシャツの首元をぐるっと切り取り胸元を広げ、裾の部分を立てにザクザクと切り、三つ編みのように編んでいったり、裾を短くするだけで個性的なTシャツが完成します。バッジやワッペンを付けるとさらに自分だけの1枚が完成します。


ライブ会場などでサイズがないがTシャツが欲しくて買ってしまったが、サイズはちょうど良いのに首元がきついものなども首元のリメイクで着ることができます。せっかく購入したのに着ないともったいないので、リメイクして他の人と差をつけて着てみましょう。
お手持ちのタンクトップと合わせてみて、しるしをつけて、袖の部分を切り落として、タンクトップにしても可愛く着れます。
インターネットで調べてみると、Tシャツを個性的に着るためのアイディアがたくさん載っているので調べて、世界に一つのTシャツを作ってみましょう。春夏秋冬、季節を問わずに大活躍するファッションアイテムといえばTシャツです。
Tシャツは何枚持っていても困らないものです。春にはパステルカラーのTシャツにカットソー素材のジャケットを合わせたり、スッキリした丈のダンガリーシャツを合わせたりすると季節感がでます。夏はTシャツが最も活躍する季節です。Tシャツを一枚で着るシーズンなので、シルエットがキレイなものや、思い切って柄にインパクトがあるものを楽しむのも良いです。



秋にはTシャツの上にカーディガンを羽織ったり、Tシャツをボトムにインしてウエストマークした女性らしいシルエットを楽しんだりできます。
冬にはTシャツはインナーとして活躍します。
最近では着るだけで暖かくなるババシャツも種類多く販売されているので、その上にTシャツとダウンジャケットというスタイルでも十分に冬をしのげます。
Tシャツにもいろいろ種類がありますが、イメージを左右するのは衿です。UネックやVネックなど自分に合うものを選ぶと良いです。

08. 10月 2013 by admirer
コメントは受け付けていません。